14.07.19, 08:04

祭りの功

 17日の祇園祭の前祭の山鉾巡行は滞りなく終わり、昨日は我が山の収蔵作業となった。
 大変、失礼な見識だが、元々の祇園祭の言われは別として、明治以降、栄えた背景には糸へん文化の反映が元にあり、京都の伝統産業そのものが、そこにあったように感じるのが本音である。
 ところが、各鉾や山の誇るべき祇園祭におけるショー財産は決して京都の誇るべき、例えば西陣織のような類のものではなく、ヨーロッパのゴブラン織りであったり、中国の織物であったり、京都とはむしろ関係が無い。
 各々の鉾や山のお町内における繁栄の自慢大会の様相があったのかもしれないが、大変残念なことに、今や京都の糸へん産業の衰退ぶりは著しく、大きな商家や武家屋敷を維持することも難しく、その土地が売却され、マンションやビルに代わり、町家を改築したレストランに変化し、祇園祭の舞台となる山鉾の町に住む人が変わったのが現実である。
 よって、希薄になった人間関係の再構築、コミュニティの再創生にこの祇園祭が果たす役割はとても大きいと毎年、参加させて頂く中で、私は微力ではあるものの感じるところは大きい。
 些細なことではあっても、人は生まれながらにして使命があり、人に喜んで頂きたいと近年、強く感じると同時に私が直接出勤できない時間、その場をしっかりと守ってくれるスタッフがいることに感謝したい。
 ありがとう。

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    

14.07.11, 07:31

何事も支えがあって・・・

 今年も京都は祇園祭の季節となった。
 夜になるとコンチキチンと練習する鐘の音が街には響いている。
 昨日からは、鉾や山を建てるための準備が具体的に始まり、既に通行禁止となった道もある。
 2014年の祇園祭は、これまでの「前祭(さきまつり)」に加え、なんと50年ぶりに「後祭(あとまつり)」が復活。(噂では分散するのと宵山や山鉾巡行が平日でもあり、観光客の減少が懸念されていますが)
 後祭で巡行する大船鉾は150年ぶりの復活であったり、山鉾の中で最大、最重量とされる「月鉾」の飾り屋根(長さ約5メートル、幅約4・5メートル)が約180年ぶりに新調されるなど話題も多い年でもある。
 私の山も前祭で17日には山鉾巡行させて頂く。
 実は、そんな祭りの主役が活躍するために
裏方では色々ご苦労があることも知ってほしい。
 私の入っている消防団では警護の準備をしたりも大変である。祇園祭の最中に火災が起きた想定をしているのである。
 山鉾巡行する通りの電線を一度見上げてほしい。黄色のネットがかけられている。これも夜中の作業で感電や断線防止のために、かけてくださったものだ。
 何事も裏での準備、支えがあって、成立する。

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    

14.07.03, 00:44

超レッスン学

 皆さんも既にご存知かと思いますが、私の新規事業「エイドネット」が本稼働しております。
ここのホームページで「代表の超レッスン学」と称するブログが始まりました。
お時間あれば、是非、お読みください。
https://aidnet.jp/blog/

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    
end of entries.

6364158