14.02.26, 01:44

中国のカード

 9月3日を「抗日戦争勝利記念日」、12月13日を「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」とする法案が近く国家の記念日として正式に決定されるようだ。
 ふーっと溜息をつく。
 例えば、南京大虐殺と言われる事件は日中戦争時にあったのであれば、1937年。今から77年前である。
 そんな古い話だから、どうでも良いなどという意味は全くない。
 だが、リセットなしで前に進むには互いに辛すぎる事件であろう。
 先日、弊社が奨学金を拠出するアメリカのコニチカット州Brien MacMahon High Schoolの生徒さんが来日された際に興味深い話がある。
 それは広島の原爆ドームを訪れた時である。来日された彼らは、自分たちの祖先が落とした原爆によって多くの人が倒れ、亡くなっていった。その事実を知りながら、広島原爆ドームを訪れることは心臓の鼓動がヒートアップすることと同義だ。
 なぜか?
 多くの日本人に冷ややかに見られるだろうと予想できたのであるが、記念ドームを訪れた彼らは、一様に驚くことになる。
 日本人はだれ一人私達に敵意を感じる視線は送らなかったのである。むしろ、皆さん、親切で驚いたのである。
 ところが、同日、同じ記念館を訪れていた中国人に彼らが話しかけて、非常に驚くことになる。
「この原爆より我ら祖先が受けた南京大虐殺の方がどれだけ大きかったか知っていますか?」
 確かにその事件の信憑性そのものも問う声もあるが、起きた時代背景を今と同一で論議しても解決されない。
 ただ、史実と政治のカードを同一にして今もこのカードを利用しようとすることには疑問がある。
 全ては教育である。
 我が日本は世界で唯一の被爆国であり、その直接的加害者はアメリカである。
 しかし、日本は歴史的精算を既に終えたものとして彼らと友好を築いてきた。
 一方、中国や韓国は異なるのである。
 史実の風化はあってはならないし、前を向いて謝罪することも必要な時もある。
 だが、単純に「みんな仲良く」政策をとった方が長い歴史の中では有効なことぐらい小学生でもわかるのに・・・。

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    

14.02.21, 21:18

感動をありがとう!

 昨夜はミーハーな気持ち等何もなく祈る思いで、浅田真央選手の銀盤での滑りが観たいだけで明け方までLIVEで観戦することになる。
 一昨日も結果的には失敗ジャンプを茫然と観ることで睡眠時間ほぼ無しとなったにも関わらず、2夜続けてのTV観戦となってしまった。
 多くの日本人が同じ思いを共有したに違いない。
 滑り終えた彼女の思いなど遠く及ばないだろうが、涙が流れる。
 ここまで辛い思いをしただろう、この日の為に練習を積んだだろう、容易にその厳しさとは別次元で自分なりに予測できる。
 SPで予想外の大失敗に終わった翌日だからこそ、その感動は大きくなって伝わったに違いない。
 結果はメダルには遠く及ばず6位でありながら、満足感を覚えるのはなぜだろう。
 対照的だったのは羽生選手の金メダルではないだろうか。
 結果は最高のはずなのに、彼自身もそして私も(次元が違い過ぎるので同等に語ることこそが大間違いであろうが)大きな感動を覚えなかったのはなぜだろう?
 最後の結果ではないのが立証された気がする。
 努力してきた過程があればこそ、周囲とその結果に関係なく、思う存分表現できれば、人の心は動くのである。
 入学試験も結果が全てのように言われるし、それが事実だと殆どの人が思われるはずで、努力してきても不合格は不合格であり、何もならないと思われるかもしれない。
 しかし、50年以上生きてきてようやく思えること。それは、結果は関係ない。
 本当にやりきれたなあと思える受験生活を過ごせれば、何の後悔もすることはないだろう。
 仕事も同じである。
 強い思いがあり、支えに感謝することを忘れることがなければ、結果(お金)ではないところに感動があるはずで、心の金メダルは存在することが証明されたようで本当に浅田選手には「ありがとう」である。

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    
end of entries.

6364245