10.08.31, 22:13

狂っている!

 開き直るわけではないが、さすがに私は政治の素人だと自ら嘲笑してしまった。
 昨日の予想がこんなに簡単に覆されるとは思いもしなかった。
 これだけの小沢さんへの世論がありながら、それでも出馬するんだ、と狂った永田町をまざまざと見せつけられた気持ちだ。
 過日にもこのブログで意見したが、狂った人々で党首が選出されれば、それがイコール日本の首相につながる恐怖があることを私たちは知らなければならない。
 今回、運良く免れたとしても、やはり、一国のトップである首相の選出は直接選挙であるべきだと改めて感じる。
 菅さんも正式出馬の記者会見で「政治とカネの問題の根絶」を話されていたが、一体だれとの争いなのだろうか。
 別の党との争いで言われるなら理解できるが、民主党の方々の頭の中と国民とがあまりにも乖離しているではないか。
 私たち国民はどうして自民党と訣別し、民主党にかけたのだろうか、情けなくなる。
 滅私の中で政治家をだれもが、志したはずである。
 ところが、結局は自分のことしか考えていない集団と化している現状に気づかれていない。
 大きな流れを様々な方向から分析する手法も学ばれているはずで、国民が求めていることも頭では理解しながら、ひとつの塊の中にいると自分の方向性をも見失う。
 恐ろしすぎる。
 小さな自分のいる塊の中で志を見失うことのないよう、自分へのふりかえりもしっかりとしたい。
posted by nishioka   全般    

10.08.31, 01:21

戯曲民主党のシナリオ?

 9月1日告示の民主党代表選を前にして、マスコミの発表とは全く異なることに気づいて「あれ?」と思っていることがある。
 菅さんが脱小沢色を打ち出し鳩山さんからバトンを受けたのが6月でV字回復したかに見えたが、イージーな消費税アップに国民は×を出し、参院選で大敗したのが、7月だった。
 そこから、1ヶ月ほど経過し、民主党の代表選挙に小沢さんが立候補か、という段階である。
 小沢さん、出馬とならなければ、私たち国民の多数は菅総理の手腕には首を傾げる場面も多かった。
 正直、期待したはずの民主党だったが、結局は派閥という言葉を使わないだけで、派閥同様の集合体があるようだ。
 カネと政治の問題にはもうウンザリ、と言って、首相がコロコロと変わることにはノーを出しているのが現状だろう。
 小沢さんは今も実際は被疑者であるに違いないし、一部報道によれば、胆沢ダム建設工事の落札は殆ど小沢氏の後援会所属の企業であることも判明した。
 そう、読まれていて気づかれただろうか。
 私たち国民は菅さんの手腕を問う前に悪役レスラーが登場したので、菅さんを応援し始めたのだ。
 「負けないでね、あんな人には・・・」そんな思いが出始めたのではないだろうか。
 確かに総理大臣なる人がコロコロ変わるのは良くない。
 だが、本質を問われることからうまく脱却したのではないだろうか。
 このまま、小沢さんは出馬せず、民主党分裂を回避できれば、実は、今回の経過は民主党にとって最高のシナリオとなったのではないだろうか。
 これが故意ならそのライターは天才なのだが・・・などと思いながら、暑さの中で悪夢にうなされて明け方に目が覚めた。
 どこのマスコミにも書かれていない私の妄想である。
 しかし、気候変動サミットで「2020年に日本の温室効果ガス排出量を90年比25%削減」を打ち出した鳩山前内閣と打って変わり、菅内閣では、この問題に関する発言も殆ど無く、「地球 温暖化対策基本法」の制定の見通しもまったくたっていない。
鳩山氏が国連の気候変動サミットで公約したのが昨年9月下旬であり、まだ1年の月日も流れていない。
 これでは常に世界に向けてアドバルーンだけ見せているようなものである。
 やはり、じっくりと公約実現に向けて政策を進めて欲しい。
 ただ、首相や政権与党が変わって欲しいわけではないが、常に本質を見極める目を国民も持ち、批判すべきところは声をあげなければならない。
 というわけで、私の大胆予測。
 実は、小沢氏は最終的に出馬せず、重要ポストを手にして相変わらず権力者として影響を持ち続ける、である。
 さて、さて・・・。
posted by nishioka   全般    

10.08.29, 23:50

新品にした方が得?

 山田駅前教室への移転作業も佳境を迎えている。
 確かに今までの教室はその地に開室し、16年の時は流れるが、この間何度も改装工事を入れている。
 コルク材へのフローリング、ガス床暖房、エアコン付け替え、クロス張り替え等々であり、今回、スケルトンにして原状復帰し返却することとなっているので仕方ないが、廃棄したり、つぶして頂くのに"mottainai"を連発してしまう。
 まだまだ使えるのに、こんなことしていて良いのか、と感じるのも事実だが、せっかく綺麗にした教室に汚い物を持っていきたくないとも贅沢なことを思ってしまうのである。
 ましてや、冷蔵庫は製造を見ると、既に14年は経過しており、冷媒に今や使用禁止となっているフロンが使用されており、電気屋さんが言われるには買い換えた方が得だよ、と言われる。
 そう言えば、先日、パソコンが壊れた時に、少しの修理であっても何万円もかかるのなら、買い換えた方が良い、との話が出て、本当にこんなことしていて良いのか、と大いに疑問を感じる。
 たくさんの人の反対にあうだろうが、電化製品は新品を買う際には、必ず、例えば購入価格の5%は消費税とは別に支払い、この費用は次に修理する際に充当させる法案成立はどうだろうか。
 その費用が既に払われているので、不足金の支払いとなれば大きな価格にならなければ、消費者は修理という選択をもっとするようになり、最終的にはeco観点が育つ気がする。
 とにかく何でも新品にした方が得などという発想が大きな問題なのである。
posted by nishioka   全般    

10.08.29, 01:18

山田駅前教室

 弊社山田駅前教室の移転9月1日オープンまであと2日となった。
 従来の教室とは車で2分ほどの所とは言え、引っ越し作業となると、それなりに大変である。
 明日、明後日が本格的な移動だが、既に荷物は相当運ばれた。
 通常、荷物を運ぶのは引っ越し業者さん、或いは自分たちと相場は決まっているはず。
 ところが、相当運んでくださったのは、何と新教室の内装をしてくださった大工さん達なのである。
 そんな建築屋さんってあるかなあ。
 もう弊社とのおつき合いは1997年の前茨木駅前教室内装以来となるから、13年となるが、その後、全ての教室でお世話になりっぱなしである。
 何が有り難いかと言えば、作業をしながらも、常により良い教室作りに努力してくださる様子と快く動いてくださるその気持ちである。
 今度の教室にも細部にわたり、心配りをしてくださった。
 この建築屋さんに依頼されれば、絶対に嫌な思いはしないはず。一生懸命が伝わってくる。
 ご紹介します。
 高槻市の一進建設㈱さん(phone072-685-0444)である。近畿一円なら小さな仕事でも嫌がらずにお客様の目線で動いてくださる。
 仕事はこうでなければならないといつも教えられている。
posted by nishioka   全般    

10.08.28, 01:40

手の貸しすぎ

 教室に通うとあるお母様から相談を受けた。
 子どもはなかなかやらないから、ついに手を貸してしまいます。放って置いてもよいのでしょうか?
 結論だけを申し上げると、全く放って置いて構いません、となる。
 しかし、実際は愛情溢れる親が子どもを放置することなどできるはずはない。要するに、一日1回でもその話を思い出し、放って置くことが子どもの成長に肝要である。
 手を出して助けるとが良くないことぐらい、よく理解してくださっている。
 だれもが大きく伸びて欲しい。
posted by nishioka   全般    

10.08.27, 00:07

首相公選制

 先日のブログでも書いたから、もうやめておこうとも思ったが、どうしても・・・。
 どこまで一体愚かなのだろう。
 これが茶番でなくて本気であれば、あの小沢さんの周囲にいる国会議員の先生達はもう狂気の沙汰である。
 おそらく小沢さんなる人は本当に政治力もあり、人間的にも魅力あるのだろう。
 しかし、国民主権の大原則を忘れてはならないし、国民の意見の大半がどこにあるのかもう少し謙虚に目と耳を使って事実を知らねばならない。
 政権与党の党首となるということは、来月行われる党首選挙に事実上の立候補をしたということは勝利すれば、当然、首相は交代する。
 菅総理にそれだけの力量があるとも思えないが、ここは挙党一致で臨んで日本の景気回復と国益を守ることに専念して欲しかった。
 これで民主党も決裂は必至。
 我が家の三男坊の6年生が言う意見が実に正しい。
 「首相は直接選挙で選ぶ方法をとる以外に道はないよね」
 そう、これで首相公選制の気運が高まり、変更されていく流れも感じないわけではない。
 雨降って地かたまることに期待しよう。
posted by nishioka   全般    

10.08.26, 01:08

数学の担当授業

 本当に自分は授業をするのが好きなんだと改めて思う。
 これがしたくて独立したのに、いつの間にか異なる仕事ばかりして毎日を過ごしているのだとも思った。
 今日、代講で何年ぶりかに小6,中1,中3の3コマの数学を担当した。
 「とうして塾に来ているの?」と尋ねる。
 「親に行かされたから」「高校に行くため」と返事が戻る。
 そうだろうな。行きたくて塾に来ている子どもも稀なのかもしれない。
 でもね、中学の基本がとても大切でこの基本ができれば、実は勉強は凄く楽しいものなんだ、と伝えたくて仕方ない。
 自分が勉強が大好きだから、どの授業にも力が入る。
 辛い物を克服して、という根性論を勉強に例える人もいるが、私は全く異なる。こんな楽しいものを楽しいと感じて欲しいから、私の授業が存在する。
 スタッフからも「今日、本当に楽しそうですね」などと茶化されるが、やはり、子ども達と直接接することの出来るこの仕事ほどすばらしいものはないなあ、と思う。
 でも、子ども達からは「通常あるはずの休憩時間もないねん」などと愚痴も出ていたようで、自分勝手な授業になっていませんように。
 ハイになっているおっさんの熱弁による知識の習得と気持ちの伝達が一つでも二つでもあったら、とても嬉しいし幸せな一日だった。
posted by nishioka   全般    

6364192