09.02.28, 23:50

強い母

 小学生の一人息子を持つ保護者のお母様からご相談を受けた。
 東京の某大学院に合格したが、入学するか否かの問題だ。
 事情もよくわからず、開口一番、「せっかくのチャンスですし、是非、入学されて頑張ればいいじゃないですか」
 週3~4回東京まで新幹線で往復するのは費用だけの問題ではなく、労力も桁外れだろう。
 おばあさまとの同居なので、何とか食事は大丈夫だろうが、子どもも心配だ、とおっしゃる。
 子どもにお母様が頑張っている様子を見せることは、直接「勉強しなさい」と言うより遙かに効果があるだろう、とは思う。
 だが、問題は、子どもはいつも調子よく育たないので、少しでもつまづいた時、お母様が如何に思われるか、という問題が残る。
 とても、子どもを大切にされるお母様ゆえに、ご自分を責められるだろう、と予想できる。
 「合格できただけで、これまでの頑張りが報われました。だから、今回はやめておきます」
 強い、強い母の顔だった。
 自分の夢実現は大切だが、夢は逃げないし、子どもを持つ親の責務を全うすることは、もっと大切かもしれない。
 どの選択をするかが重要ではなく、後悔しない人生を生きることが大切だ。
posted by nishioka   全般    

09.02.27, 23:10

修行

 この数日、次から次へと怒濤のように押し寄せる無理難題。
 よくぞ、集中して、これだけ大挙やってこられるなあと自ら嘲笑の至りの感あり。
 とは言え、笑っている場合ではなく、一つひとつこなしていかなければならない。
 いつも書くことだが、「世の中に偶然なし、全て起こる事象は必然と捉えるべし」と考えているので、これも意味あることだと理解しているが、神様が私に「修行が足りておらん!」とまるで言い放たれているようで、「もうそろそろお許し下さい」とお願いしたい気持ちだ。
 だれが悪いのでもなく、自分が至らないばかりに多くの迷惑をかけているのだろう。
 それでも、本当に一つひとつ、逃げることなく誠意をもって対応していけば、光が差してくる。
 解決に至らなくても、その光明を感じれば、次のステップへと足を移動することもできる。
 抽象的な表現に終始するブログでつまらないと思うが、前をしっかりと向いて、人様のお役立ちを一生懸命考えて、行動を起こすスタンスにブレさえなければ、間違いなく、朝を迎えることはできるのだ。
 はりきって頑張ろう。
posted by nishioka   全般    

09.02.26, 21:06

努力は人を裏切らない

 公務員の方が読まれたら、怒られるだろうが、一般社会の中で、「公務員じゃあるまいし・・・」と言う言葉が用いられ、公務員の方に対して揶揄しているのは事実である。
 それは、公務員であれば、どんな仕事をしても、親方は日の丸であり、首になることもないし、安泰の中で仕事をするから、顧客の気持ちなどわからないし、わかろうともしない、という中で生まれてきた言葉である。
 だから、国鉄や郵政の民営化には予想以上の成果があるとも言われてきたのである。
 結局、給与保証されている中で努力する人はいない、という予測からの言葉であろう。
 私もその予測に疑いもしなかったが、最近、実は違うのではないだろうか、と思うようになってきた。
 私の友人に教員は多いが、確かに、よく、そんなのんきな発言ができるな、と思うこともあるが、目の前の子ども達を大切にしたいと思っている人は、給与や時間など関係無しに、その子どもの事を考えて一生懸命行動している。
 自分のことで恥ずかしいが、私はお金が入るから、頑張っているのか、と尋ねられたら、自信を持って、違うと答えられる。
 そうなのである。
 民間人や公務員で実は仕事の差や顧客に対する想いが違うことなど本当は無いのである。
 公務員の方でも、残業がつくとかつかないとか関係無しに市民のために尽力されている方もおられるし、民間人でも、時間的な自分の業務が終われば、さっさと帰宅される方もおられる。
 だが、知っていて欲しい。
 本当に、尽力したその人の力に神様は報いようとお返しをされます。
 だから、努力は人を裏切らないのです。
 私の大好きな言葉だ。
posted by nishioka   全般    

09.02.26, 03:50

なぬか or なのか

 教材を作成している中で「七日」のルビについて、討議となり調べると意外な答えがあった。
 「なぬか」か「なのか」なのか、パソコンでの変換は、どちらを入力しても「七日」と出てくる。
 どちらも間違いではないらしいが、正式には「なぬか」であり、言いにくいことから転用され「なのか」も用いられるようになった、とのこと。
 そうだったんだ、と思いながら、「初七日」の呼び方を考えて、皆で「はっ」とした。
 確実に「しょなぬか」と発音しており、「しょなのか」とは言わない。
 またしても、なるほどなぁと思いながら、よく調べてみると、これとて、東日本では「しょなのか」と言う人も多いらしい。
 言葉は時代と共に変化するのだが、どうやら、語源的には「なぬか」が正しいとわかった。
 調べていく中で、こういうやりとりが起こること自体が楽しいのであり、勉強の楽しさの一つにこういう感覚があるのは間違いない。
 人様の為に調べていくのだが、実は自分が楽しんでしまった、、、これも勉強の醍醐味だが、他人のために、が自分へ戻ってきて、自らが得することこそ、人生の醍醐味でもある気がした。
posted by nishioka   全般    

09.02.25, 00:55

日本で一番大切にしたい会社

 決して経営者ではないが企業研究を専門にされている大学教授が著された「日本でいちばん大切にしたい会社」(あさ出版)を読んで、これまで既に知っている内容もあったが、改めて弊社もこれらの会社に負けない理念をもち、実践をはかろうと決意新たにした。
 この本では、著者の坂本教授が実際に訪問し、自ら感動し、その中でも選りすぐりの5社を紹介されている。
 内容に触れると、これから読まれる方に申し訳ないので、是非お読み頂きたいが、売上げ・利益第一で突き進んできた資本主義の右肩上がりの時代とは明らかに一線を画した企業が紹介されており、そのうえ、「顧客第一主義」ではなく「社員第一主義」が貫かれている。
 換言すれば、資本主義から人本主義への転換の先駆けの具体的事例が玉石の如く書かれている。
 顧客を大切にしたいのであれば、社員を大切にしなければならないのであり、売上げや利益を上げたいのであれば、やはり、社員を大切にしなければならないのである。
 内容の是々非々は各々にあるだろうが、いずれの5社も経営者がぶれていないのであり、やりぬいた結果が出ていると強く感じた。
 私のように右往左往し、判断に迷いが出ているようではいけない。
 心を決すれば、後は行動を起こすのみ、である。
 「いい会社」にして、社会貢献したいのである。
posted by nishioka   全般    

09.02.23, 22:54

blog 3周年記念号

 2006年2月23日に始めたブログがめでたく丸3周年の時を刻んだ。
 継続は力となるが、私の継続は果たして力となったか否かは自分では判断できない。
 しかし、大変有り難いことに、最初の1年の1日あたりの平均アクセス数は約250ほどで、2年目の1年の1日あたりの平均アクセス数は1000にもなり、奇しくも昨晩は総アクセス数はまだ90万もいってなかったが、今、カウンターを見ると901700もあり、この1年の1日あたりの平均アクセス数は1200を超えた。
 知人、友人のアクセス数でこれだけの数字にはならないだろうから、見知らぬ方も読んで頂いているとは、本当に有り難い。心から感謝しているし、大変嬉しい。
 このブログは主として、従業員・スタッフに宛てたラブレターだと自分ではそう思い、綴っているつもりだ。
 そして、何より、自分の想いを再確認することでぶれていく自分への戒めの気持ちが強い。
 殆ど、いつも3日坊主の自分がここまで続いているのは、読者の方がいての事で、やっぱりいつも思うこと、それは、「人って支えられて生きていける」に違いないってことだ。
 今、思った自分の考えが世界でリアルタイムに受け取ってもらえることも嬉しい。
 4周年に向けて、goの気持ちだ。
 今後ともよろしくお願いします。
posted by nishioka   全般    

09.02.22, 20:56

夢の実現

 2月の上旬にもそのニュースを目にしたが、韓国の68歳女性がとうとう775回目の運転免許筆記試験にも落ちたらしい。
 この女性は、訪問販売で生計を立てており、更に仕事を拡大するため、自分でトラックを購入し、より広い範囲で商売をする夢がある、とのこと。
 今から4年前64歳の時からチャレンジしている、とのことだが、それにしても、775回のチャレンジとは半端ではない。
 かかった概算費用を単純に計算しても、既に60万円以上はかかっているとの事だが、その忍耐力も桁外れだ。
 もちろん、彼女が合格できていないのは、技能試験ではなく、学科試験なので、もう少し勉強して何とかならないものか、とも思うが、合格ラインは60点で、彼女はいつも50点以下だそうだ。
 ここまでくれば、「晴れて合格」のニュースが届くことを心から期待する。
 夢はあきらめなければ、いつかは必ず達成するのであり、年齢も実力も関係ない証明を是非してほしい。
 現状を簡単に分析し、努力もしないであきらめることが何と多いのか。
 私もいつか・・・と心に期することがある。
 いくつになろうが、勉強し続けて、その夢を叶えさせる。
posted by nishioka   全般    

6313178