09.01.30, 23:28

食べ残し罰金

img09010030_1  店主は本気で書いているのかもしれないが、思わず「ぷっ」と吹いて、次に「なるほど」と共感し、写メを撮ってしまった。
 昼食に食べ放題のバイキング中華料理店に初めてお邪魔した際に見つけた告知である。
「世界の貧しい人の為、食べ物を大切に、食べ残さないようにお願いします。食べ残すと罰金」とあり、
 「昼食 罰金 1000円、夕食 罰金 2,000円」と続く。
 バイキングは一人、1,000円だが、味はなかなかバイキングとは思えない良さであった。
 それでも残すと1,000円と言い切っていることも良いし、食べ残す事に不快感を感じていることも良いのかもしれない。
 でも、本当に「食べ残す」行為がどれほど良くないのか、耳を傾けて聞き、そして、考えなければならない。
posted by nishioka   全般    

09.01.29, 20:31

思いやり

 昨夜から今朝早くにかけて、従業員の少しした行き違いからの紐解きが重なり、午前中の時間が過ぎた。
 仕事が忙しいからか、私の器が小さいからか、小さな誤解からしっくりいかない時がままある。
 電話で話すと、「そうだったんですね」となるのが通例だが、この時期が遅れると、こじれた紐の結び目はなかなかほどけない。
 売上げや利益の前に、周囲を思う気持ちがどれほど大切なのか、理解しているはずであり、少しした余裕の有無で仕事の充実感まで変化する。
 特に教育の最前線に立つ者に思いやりが欠如すれば、如何なるスキルも色褪せたものになる。
 どうして、この仕事を選んだのか、もう一度胸に手を当てて、原点に返らなければならない時もある。
 「思いやり」が「重い槍」となり、相手を刺すことがあるから注意したい。
posted by nishioka   全般    

09.01.28, 21:30

免許更新

 今日も朝から外出予定だったが、先方の方がインフルエンザに罹患されたとの事で急遽、キャンセルとなった。
 実は自動車免許の更新期限が1月30日と迫っているのだが、毎日行けないままで日が流れ、残すところ僅か今日も含め4日だったので、インフルエンザに罹った方には申し訳なかったが、「ここしかない!」の気持ちで警察署に出かけた。
 午前9時と同時に警察署の会計のシャッターが事務的に開く。それで良いのだが、何となく冷たい感じに受け取るのは私だけだろうか。
 ここで、更新手数料の印紙を購入したのだが、この印紙そのものの必要もあるのだろうか。何となく無駄な感じさえするし、天下り先とも思える交通安全協会が別棟にあり、無駄ばかり感じてしまうのである。
 ビデオ講習のみ、ということで、申し訳なさそうに仕切られた部屋の一角で数人がビデオを観るのだ。
 足下は寒すぎるし、本当に役人のサービスの無さには呆れてしまう。
 これなら、動画配信された問題に答える方がもっと真剣に観るのに、と少々イライラし、頭の中は「無駄!無駄!」で溢れている。
 ところが、途中から、やはり、命の大切さを語られる場面では「はっ!」とした。
 そして、自動車運転で大切にすることは以下の通りだと話された。
1「人命尊重」
2「法令遵守」
3「寛容互譲」
4「責任感」
これに、「先の見通し」が加えられた。
 よく考えれば、自動車運転だけではなく、経営の心得にも通じるし、社会人としての心得でもある。
 せっかく良いビデオも作られているのに、こちらが心を開いて前向きに観ていないと何もならない。
 無駄だったのは、私の心構えだった。
 またまた反省である。
posted by nishioka   全般    

09.01.27, 22:39

富士山

 新幹線で東京から帰阪する車窓から、雪化粧した富士山をしっかりと見た。
 この20年で何度、この富士山を新幹線から見たことだろう。
 新卒で勤め出し、初めて転勤となり住んだのは、この富士山がいつも見える静岡県清水市で、毎日、出勤時に見たのが、大きな富士山だった。
 そんな懐かしい記憶を想起しながら、束の間の時間を楽しんだ。
 この数年は、毎月のように東京に向かうことがあるが、いつも見えるわけでもないし、意識しているわけでもないが、やはり、何故か富士山が見えるとわくわくしてしまう。
 私にとっては、「変わらぬ大きなもの」の代名詞かもしれない。
 親しくさせて頂いている小田全宏氏が運営委員長を務められているのが、NPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」である。
 地元でお商売をされている人達は、規制が厳しくなる懸念から反対をされているそうだが、やはり、富士山は世界遺産に値する。
 自然遺産と呼ぶには、世界観からすれば遠いのかもしれないが、富士山信仰をもつ日本人の歴史観から見れば、文化遺産としては世界遺産にふさわしい存在だろう。
 「富士は日本一の山」長く親しまれている唱歌の一節だが、今も富士山の大きさは変わらない。
 だが、それを見つめる人たちの心が変わっていってるのかもしれない。
 不易流行、変わって良いものと変わっていけないものはある。
 日本人の心って何だろうと思うが、人に対する優しさ、思いやりは変わってはいけないもの。
 富士山を眺めながら、様々な思いが頭の中を駆けめぐった。
 だが、お山の大将になってはいけないし・・・、との思いも新たにした。
posted by nishioka   全般    

09.01.27, 02:02

杉原千畝物語

 このブログでも何度か話題に出させて頂いた㈱ヒューマックスの代表である木村先生のご紹介で、水澤心吾さん演じる一人芝居「杉原千畝物語」を夜、七田チャイルドの仲間の先生たち7人で観覧した。
 杉原千畝は、今更言うまでも無く、ご存知の方も多いだろう。
 1940年、ドイツ占領下のポーランドからリトアニアに逃亡してきた多くのユダヤ人を、外務省の命令に反して亡命できるようにビザを発給し、ナチス政権下のドイツによる迫害を受けていたおよそ6,000人にのぼるユダヤ人の命を救ったのだ。
 もちろん、この史実通りに演じられており、感動はその内容にもあるのだが、それ以上に水澤さんのMr.Sugiharaが乗り移ったかと思えるほどの熱演に感動させられた。
 今日の芝居はホテルであったのだが、わずか40名でいっぱいの部屋だ。
 目の前で、70分余りの芝居をたった一人で演じられるのだ。
 詰まることも全く無く、せりふを話されるのだが、それは、プロならではの巧みの技なのだが、彼の思い入れの強さ、伝えたい情熱を感じたのだ。
 終了後、お話させて頂いた。
 水澤心吾さんは、役者としても若し日の頃は順風満帆だったそうだ。NHKの朝ドラ「わたしは海」で主役に抜擢され、TBS「ふぞろいの林檎たち」パート3では、中井貴一のお兄さんの役でも出演されていた。
 50歳を過ぎてから、「役者としてお役立ちしたい」との思いからこの作品を演じられるようになったそうだ。
 今日は40数回目の公演だったそうだが、千回の公演を目標にされていると伺った。
 何事も極める人のスタンスはなかなか真似できるものではない。
posted by nishioka   全般    

09.01.26, 00:45

伝える

 真意を伝えることは、とても難しいことであることは、言うまでもないが、真意とは言わないまでも、「伝える」と言うことだけでも難しい。
 この誤解がもとで戦争へも発展した歴史的事実があるほどだが、仕事はすべからくこの「伝える」ということが基本となり成立しているとも言えるだろう。
 事実を正確に伝えるには、客観性をもって感情を入れずに話すことが大切である気がするが、思いを伝えるには、感情も含めて話さなければならない。
 どうも私は客観的に話すことは苦手なようで、思いばかりが先行するようだ。
 もう少し大人にならないと、なんて考えながら東京に入った。
 明日も大勢を前に話す機会があるが、客観性が要求さえる場面だ。
 できるかな?
posted by nishioka   全般    

09.01.24, 21:38

国境のボーダーレス

 一昔前とは異なり、今やリアルタイムで世界で起きた事実を受け取ることができる。
 隠蔽しようとしてもインターネット上で映像として流れるのだから、如何なる国にいようが、ネット環境さえあれば、事実を事実のまま知ることとなる。
 すばらしい事だが、心理的な要因は、事実を知ったことにより、事件が起こった国と同じ状況を作ってしまう。
 サブプライムローン問題をリアルタイムに感じなければ、日本の経済もインドの好景気もまだ維持できたはずだ。
 日本のレバレッジは金融機関も厳しいので実体経済の2倍迄しか推移していなかったはずで、本来体力はまだまだ残っているはずだ。
 実体経済の4倍ものお金を動かしていたアメリカと同様ではないはずである。
 しかし、金融ショックという事実だけが報道として世界を流れた。
 だから、その事により、インターネットの普及はグローバルスンダード世界標準を一瞬にして作り、そこに国境もなく、「世界同時安」や「世界不況」を創設する力までも与えた気がしてならない。
 私の国だけは違うという論理は通用しないわけだ。
 だからこそ、私たちは、事実を受け取った後、その事実が隠れている意味を知る知識を学ばねばならないし、そうしなければ、滅んでしまう。
 多くの情報を入れて、正しい道を取捨選択しなければならないという事だ。
 このところ、不景気ばかり話が飛んでおり、こんな時こそ、上を向いていたいなと感じた今日である。
 国境などを感じることなく、世界にとって何が必要か考えてみることも良いと小さな自分が思った次第である。
posted by nishioka   全般    

6313147