14.08.10, 23:51

恒久平和

 昨日、長崎は69回目の原爆の日を迎え、平和祈念式典が営まれたようだ。
 そして、原爆死没者の冥福を祈った後、長崎市長は参列された安倍首相を前に、核兵器のない世界に向けて強いメッセージを発信し、集団的自衛権の行使容認に対し、不安や懸念の声に耳を傾けるよう要請された模様が朝のニュースで流れていた。
 集団的自衛権の行使が憲法違反であることは明らかであり、その拡大解釈には耳を疑うが、国際社会での日本の役割を強く言われると、ひるんでしまう自分がそこにいるのも確かなことだ。
 そんな折、お風呂屋さんで矍鑠とした一人のおじいさんと話をして今更ながら、戦争を美化、風化させてはならないことを考えさせられた。
 そのおじいさんに歳を尋ねると「84歳」と言われた。平均寿命が延びる中でも、高齢と言える年齢の域かもしれない。
 私は「戦争の際にはどちらで活躍されておられていたのですか?」と愚問を発してしまった。
 おじいさんは、「あと少しで召集がかかるところでしたが、まだ年齢が15歳で・・・」と言われた。
 そうか、終戦を迎えて今年69年、16歳を加えると85歳の人で戦争に赴いた人となる。
 風化させてはならないが、どんどん戦後世代の人が殆どの世の中になる。
 長崎の平和記念式典の模様を一部ニュースで見ながら、やはり、後世の人たちに同じ思いをさせてはいけないし、恒久平和を願わずにおられなかった。

by 西岡博史
posted by nishioka   全般    

6313186